By U Zensen.

欲しいものはプログラミングで自分で作る。

変化のない日常を変えるたった1つの行動

2016 / 6 / 13
思ったこと
つまらない日々を変える

はじめに!!

お疲れ様です。ぴーすけです。

社会人の生活に慣れてきて、ふと「なんかつまんないなー」とか「俺何してんだろー」って思ったことありませんか?

私は社会人3年目になってからそう思うことが増えました。

始めは忙しい毎日をやり過ごすのが精一杯でしたが、慣れてくると色々と考える余裕が出てきたのかと思います。

かといって、具体的にはなにが不満なのかいまいちわからないし、どうすればこの生活を抜け出せるのかわからなくなってしまっています。

今回はそういった漠然とした不安の正体を確かめることができるとても簡単な一つの方法に気が付くことができたので、皆さんも参考にしてもらえたら幸いです。

スポンサードリンク

結論から言うと「自分と向き合う」ことでした。

私は仕事が忙しく、日々仕事をこなすことが精一杯になっていました。そしてふと思ったのです。自分と向き合えていないなーって。そして自分ときちんと向き合い直して、自分の意思を再認識できました。

まずは自分の1日を振り返ってみよう!!

例として、私のとある1日を挙げてみます。

6:30 起床 → 準備

7:45 家を出る

8:00 電車

8:50 会社到着

9:00 仕事開始

12:00 同僚とご飯

13:00 仕事

18:30 仕事終了

19:00 電車

20:00 夕飯を買って帰宅

21:00 夕飯食ってPCぽちぽち

0:00 ベッドイン

よくある社会人の1日だと思います。最近は残業もなくこのような日々が続いています。似たような生活リズムの方も多いのではないでしょうか?

あれ?ちょっと待って!!

ちょっとまって

こうやって自分の生活を振り返ってみると、「何もしていない時間がない」ということに気が付きました。

家を出た瞬間にイヤホン装着し音楽を聴いて、電車内ではそのまま音楽を聞きつつスマホをいじり、LINEを返したりまとめサイトを見ています。仕事中は一日中PCに張り付いて作業をしていますし、仕事が終わって会社から出た瞬間からまたイヤホンを装着して音楽を聴き始めます。そして帰りの電車でも同じように音楽を聴きながらなんだかんだスマホをいじっています

このように、隙あらばスマホかPCを見ていたり音楽を聴いたりしています。そのせいで私の脳みそは休まることなく、なにかしらの情報が入ってきている状態が続いていました。

そんな生活になれてしまい、気づけば何年もこういった生活を続けていました。私は何をするにも、なにかを「しながら」になってしまっていたのです。

一度落ち着いて自分と対話してみよう!!

落ち着いて考えよう

久しぶりに「何もしていない時間」を作り、自分とちゃんと向き合ってみよう。そう思いすべての情報を一度遮断して自分のことを考えてみました。

休みの日に音楽もラジオもかけず、PCもスマホも見ずにボーと空でも見ながら自分に問いかけてみました。

今の生活の何が不満なのか、何が足りていないのか、どうしたらそういった不満が解消されるのか。そういったことを自分に問いかけるたびに、頭がスーッとしてモヤモヤが取れていくのがわかりました。

きっと仕事が忙しく、時間がない!やりたいことができない!と思い込んでいたために時間を少しでも無駄にしないよう、やりたいことをどんどん詰め込んだ結果、「何かをしながらなにかをする」という中途半端なことをしてしまっていたんだろうなーと思いました。

心機一転!!

心機一転

自分と話し合った結果、本当はもっとやりたいこととか色々あったはずなのに、今の生活にいっぱいいっぱいになってしまっていて、考えることやめてしまっていたみたいです。

自分の気持ちを整理する時間を作ったことにより、本当にやりたかったことや、今のなにに不満があるのか、その不満を取り除くためにやりたいこと、やらなくてはいけないことが見えてきました。

危うく今の生活をずっと続けてしまうところでした。

まとめ!!

なにか漠然とした不満や不安がずっとあるときには、一度自分と真剣に話し合ってみることをお勧めします。

普段忙しくて忘れていた本当の自分を取り戻せるかもしれません。

Pocket

コメント

コメントを残す