By U Zensen.

プログラミング、カメラを中心になんでも書く雑記ブログです。

時間ないは嘘。朝早く起きて作業をするだけで人生が変わります。

2016 / 12 / 28 2016 / 12 / 29
思ったこと
161228_title

はじめに!!

どうも!夜型生活25年目に終止符を打った、ぴーすけです!

僕は会社員なので、ブログを書けるのは会社から帰ってきてからになります。

通勤時や仕事の合間を見てネタは書き溜めておきますが、投稿作業をするのは基本的に家じゃないとできないので、こうなります。

しかし、家に帰ってご飯を食べて、風呂に入って、さあやるぞ!となった時にはすでに21時。(これでも早い方だとは思いますが)

気がついたらパソコンでつい動画を見てしまったり、趣味である楽器を弾いてしまっているうちに23時。

そこから書き出すも、書ききる前に眠くなって終了…なんてこともよくあります。

1日に2、3記事も更新している人は「朝はやく起きてやっている」というのを耳にしてはいましたが、僕は人生ずーっと夜型人間だったので、信じていませんでした。

しかし、実際に試してみたらめちゃくちゃいい事だらけでした。というか自分は夜型だと思い込んでいただけで、朝方の方が向いていたのかもしれない。ということに気がつきました。

ブログを朝に書くようになってからは、ほぼ毎日1記事書く事ができているのです。しかも夜書いていた時よりも楽に。

ブログに限らず、会社員をやりながら勉強をしたり、副業をしている方に是非、やってみていただきたい!と思ったので、良いところや僕なりのやり方を記事にしたいと思います。

スポンサードリンク

朝方にしてからのスケジュール

いつものスケジュールはこんな感じでした

  • 7:00 起床 – 用意
  • 7:45 家を出る
  • 8:45 出勤 – 仕事
  • 18:30 退社
  • 19:30 帰宅
  • 21:00 ご飯、風呂、洗濯など
  • 22:00 ブログ
  • 0:00 就寝

はい。1日の最後にブログをやっています。これは1日の疲れが溜まった状態でやっていることになるので、集中できないのも当たり前かもしれません。

そして朝にシフトした時のスケジュールはこちら

  • 6:00 起床 – 用意
  • 6:30 ブログ
  • 7:45 家を出る
  • 8:45 出勤 – 仕事
  • 18:30 退社
  • 19:30 帰宅
  • 21:00 ご飯、風呂、洗濯など
  • 22:00 他のこと
  • 0:00 就寝

こんな感じ!朝1時間はやく起きて、まずは会社に行く準備をします。そしてあとは家を出るだけ!という状態でブログを書いています。こうすると、今までとは違い、元気な状態でブログを書く事ができるのでバキバキ進みます。本当に驚くくらい集中できます。

朝だからというよりは、「疲れていないから集中できる!」という感じかも。寝た事によって頭もすっきりしているし、いい事だらけ。

しかも、いままでブログを書いていた時間を他の作業にあてる事ができるので、勉強したり、本を読んだり、ゲームで遊んだりと、そこまで集中しなくてもいいものをやる事で、時間の無駄がなくなりました。

朝活最高です!

朝活の良い点

朝には制限時間がある

夜だと、「0時までには寝ないとなー」と思いつつ何時までもダラダラと続けてしまえます。しかし、朝の場合は仕事やらなんやらの予定があるので、そこまでどれだけ集中できるのか!という勝負になってくるのでやる気が出ます。

例えば、6時に起きて7時には家を出ないといけないとなると、用意の時間を入れると30分程度しか時間がありません。その30分くらいなら集中できる気がしませんか?

それに時間に追われていると、「やらなきゃ!」となるので、おすすめです!

頭が冴えてる

夜は疲れています。そして、眠いです。

朝だって眠い目をこすりながらだから意外と効率悪そう!とか結局眠っちゃいそう!とか思いがちですが、そんなことはありません。

目が覚めたらとりあえずシャワー浴びたりして、外に出れるように準備をします。その間にどんどん目が覚めてきます。そして、あとは着替えるだけという状態まで持って行ってから活動を始めるのです。

こうすると、普通におきて仕事に行く時となんら変わりのない感じで起きて、家を出るまでの間に活動するための時間がとれる感じになります。

意外と疲れない

朝に活動してから仕事に行くと、なんか疲れそう。とか仕事に集中できなそう。と思うかもしれませんが、以外とそんな事はない。

というかどうせ、8時間仕事をしていてもずっと集中はできていないですよね?僕の場合はできても3、4時間くらいなので、変わりませんでした。

疲れちゃいそうというのはあるかもしれませんが、やりたい事ができないストレスを溜めているより、やりたいことをやれている!という爽快感の方が勝ちます。それに朝早く起きた俺偉い!という充実感があるので逆に仕事のやる気もあがりました!

朝活の悪い点

お腹が空く

夜型人間だった僕は朝はギリギリまで寝ていたので朝ごはんを食べない生活をしていました。しかし、朝早く起きるようにしたところ、めちゃくちゃお腹が空くのです。お昼まで待てません。

きっと食べた方がより効率がいいのだと思って食べるようにしていますが、一人暮らしの身としては食費が増えて少し大変な予感です。

でも朝早く起きて食べるトーストとコーヒーも意外と気に入ってます。なんかちゃんと朝ごはん食べるのって大人!って感じしますよね。

余裕がある感じ。

僕なりの朝早く起きるコツ

はやく寝る

言うまでもありませんが、一応。

夜2時に寝たのに朝も5時に起きて作業をする!なんて異常です。もしできたとしてもいつかガタがくると思います。

せめて0時。できれは23時くらいには布団に入って寝ちゃいましょう。

冬の場合、起きた時に部屋が暖かくなるようにする

これめちゃくちゃ大事!

きっとあなたも人生の中で何度か朝早く起きて走ろう!とか勉強しよう!とか思った事があると思います。ですが、寝るときはやる気があっても起きてみるとなんか眠いしいいやーってなることもあったかと思います。

夏の場合は起きた時に暑ければその時点て起き上がってシャワーとかを浴びに行けますが、冬の場合は部屋が寒いとなかなか起きれません。

布団の中が一番暖かい状態になっていると、布団から出るのが辛くなり、あーだこーだ言い訳をしているうちに気がついたら寝ちゃっていた。ということが必ず起きます。

起きる少し前の時間に暖房が点くように予約しておいて、起きたら部屋が暖かい状態にしておくと、すっと起きる事ができます。

目が覚めたらすぐに立ってシャワー

目が覚めたらとにかく起き上がる。そしてシャワーを浴びる。これで二度寝はありません。

起きる事を目的にしない

これが大事だと思います。僕は朝がめちゃくちゃ弱くて、大学の頃はこれ以上休むと単位を落としてしまう!という授業がある日の前日は一睡もせずに学校に言っていました。それくらい朝が弱くて、起きれないダメ人間でした。

朝起きるのが苦手な人の中には、目は一瞬覚めるけどそのまま活動に入れなくて、二度寝してしまう。という人もいると思います。そういう人は「起きることが目的」となっている可能性があります。

起きる事が目的になると、ちゃんと時間通りに目が覚めると「やった、起きれた…」と満足してそのまま寝てしまいます。これは起きていないのです。目が開いただけ。

何かをするために起きたい!と思えれば違ってきます。僕の場合はブログを書きたいので、目が開いた時点で「よし、起きれた!ブログ書きたいから起きよ!!」となります。

起きる事が目的になってしまっている方は、なんのために早く起きたいのかを改めて考えてみましょう!

時には諦めも肝心

たまには起きれない時もあるかもしれません。起きたとしても二度寝してしまうときもあるかもしれません。でもそれは良しとしましょう。

今まで全く朝早く起きて行動なんてしてこれなかったのですから、起きるのに慣れていないだけなんです。慣れてきたらちゃんと起きれるようになるので、たまには甘えちゃいましょう。

変わろうとしていることが大事です。

まとめ

朝にはやく起きて何かをするのは良い事ばかり。

特にブログみたいな趣味は締め切りもないので、ダラダラと作業をしがちです。自分で制限を設けてあげる事で効率良く作業をする事ができます。

僕の場合、朝に1時間はやく起きると、出勤までの間に2000〜4000文字程度書く事ができました。これは長めの記事を1つ、もしくは中くらいの記事を2つ分かけた事になります。慣れてくればもっと効率も上がるでしょう。

たった1時間で何ができるんだよ!夜の方が時間がたくさんあるじゃねーか!と思うかもしれませんが、集中している1時間はだらだらやっている5時間にも勝ると僕は感じています。だって夜遅くまで起きていても1記事も書けずに終わる事も多いから。

あなたも、夜にやってもなかなか作業が進まない!という経験がある方は、一度朝にやってみると思ったよりも良い結果が出ると思います!

おーわり!

僕はこの3点セットで毎朝3分でカフェオレを作って飲んでいます。

本当におーわり!

Pocket

コメント

コメントを残す