By U Zensen.

欲しいものはプログラミングで自分で作る。

現状に不満のあるエンジニア必見!やる気を取り戻せる記事を紹介!!

2016 / 5 / 2 2016 / 8 / 7
思ったこと
やる気を出したいエンジニアへ

はじめに!!

こんにちは!ぴーすけです。

この記事では、システムエンジニアの私がやる気を出したい時、やる気が削がれて気持ちが落ち込んでいるときに読む記事を紹介させていただきます。

タイトルに「まとめ」と入れてしまっていますが、たくさんを紹介するのではなく、私が本当に何度も読んでいる記事を少数精鋭で紹介させていただきたいと思います。

紹介させて頂く記事の内容は、現状に不満のあるエンジニアの方向けとなっていて、やる気が停滞してきた時に読むと頑張れるような内容となっております。

スポンサードリンク

その前にちょっと私の愚痴と意見を言わせて下さい!!

私はSEになって3年目の新人エンジニアです。今年で25歳になります。やっとプログラムを組むのにも慣れてきて、仕事が楽しくなってきました。

いまやっている仕事ができるようになってくると、もっとこんなことしたいなーとか給料上がらないかなーとか思い始めました。

新卒で入った会社なので、給料も低いし転職も考えないとなーと思い、日頃から転職で重宝されそうなツールや新たな技術の学習などにも力を入れています。比べても仕方ありませんが、同期の誰よりも勉強をして技術を身につけているという自負があります。

どんどん仕事を覚えてスキルが上がっているのに給料も少しずつしか上がらない、頑張りや成果関係なく同期みんな同じ給料、出世も年功序列、この会社に長くいるメリットが感じられなくなってきました。もちろん、スキルのない私を雇ってくれて、お金をかけてくれて育ててくれたことには感謝をしていますが、その感謝だけではここにいる理由にはなりません。

周りの大人や上司や先輩にこういったことを相談すると、「そんなに甘くない」とか「どこいっても同じだ」とかつまんないことばっかり言われます。確かにそうなのかもしれませんが、そういった意見を聞くとただただやる気が削がれます。

このまま安い給料でずっと同じ仕事をして現状維持して、なにが楽しいのか。

現状に不満を言いつつ、なにも変えようとしない全然頑張ってないやつが頑張っているやつを嘲笑って、無駄だ無理だっていう。意識高いねと笑う。この風潮が本当に気持ち悪い。

そんな口だけの人の意見に耳傾ける必要は微塵もありません。そいつらは自分ができないから文句を言っているだけなのです。嫉妬です。頑張っている奴が成功するのが悔しくて失敗するように呪っているのです。

エンジニアになったからには、自分の技術を磨いて自分の価値を上げて、それに見合った対価をもらう、もらいたいと思うのは至極当然のことだと思います。

評価されないのであれば、される場所に行けば良いだけです。もちろんそのための努力は惜しんではいけません。

ということで、以下の記事を読んで自分を奮い立たせましょう。

謝罪!!

愚痴になってしまって申しわけありませんでした。この前同期が仕事が嫌になり会社を辞めてしまい、私のような若手のエンジニアにはつぶれてほしくなくて記事にしました。

私は、目の前の仕事に追われて、嫌なことを我慢し続けることが正解だとは思わないので、やめることも選択の一つとしてはありだと思います。

エンジニアもピンキリだとは思いますが、大して良い給料ではないのに過酷な仕事環境なことも多くあるかと思います。残業が多くて自分の時間がとれない、でも給料もそんな高くない。そんな仕事を続ける理由はあるのでしょうか?

生きていくには働くことは辞めることはできません。どうせ働くのなら、自分の働きやすい環境で自分の満足出来る待遇で、自分のやりたいことを仕事にする、したいと思うのは当然だと思います。決して高望みなんかではないと思います。

私は私のために働きたいのです。

私は今年度で今の会社を辞めて転職したいと思っています。今の会社は残業代も出るし、そこまで激務ではありません。休日も多く、ホワイト企業だとは思います。しかし、給料は並程度ですし、昇格も年功序列です。年収が400万、500万に到達するまでに30、40歳になるまでかかるかもしれません。そんなに待って入られません。

来年は今よりも良い環境で、今よりも良い待遇を目指します。今年はそのために必要な学習をする年にしたいと思います。

来年にはこのブログで転職についての方向をできればと思っております。みなさん一緒に頑張りましょう。

Pocket

コメント

コメントを残す