By U Zensen.

プログラミング、カメラを中心になんでも書く雑記ブログです。

過去の栄光にすがるのは、今を頑張れていないということ

2017 / 1 / 5
思ったこと
0105_title

はじめに!!

どうも!痩せていた時にはそれなりにモテていたぴーすけです!

僕は今年で社会人3年目なのですが、入社後10kgも太っちゃいました。元は痩せ気味だったので少しふっくらしてしまった程度ですが、10kgってやばいですよね。

でもね。大学生の頃とかは痩せていたし、見知らぬ女子に2年間ストーカーされる程度にはイケていたんですよ。(ストーカーめっちゃ怖いからね。ダメ、絶対)

最近周りからも太ったねと言われるので、さすがに痩せないとなーと思いつつ全然行動できていないのですが、なぜ痩せられないのかなーと考えてみたところ、自分なりに少し理由がわかりました。

僕は

過去の栄光にしがみついていた

のです。

そうです。現実を受け入れず「昔はすごかったんだぞ!」という気持ちがなぜか「今でもイケているはずだ!」という錯覚を作っていたのです。

僕は過去の栄光にしがみついているちょーだせぇ奴なんじゃねーかなーということに気がつきました。

昔を自慢する人は今がダメだと言いふらしているのと同じなのではないでしょうか。

今日はそういう話。

スポンサードリンク

昔はよかったなー

これって言いがちですよね。「今の若いもんは◯◯だ!」に近いものを感じます。特に年をとればとるだけこういう事を思いがち。

久しぶりに会った同級生とかと話すとだいたいこういう話題になります。25歳の僕の周りでもすでに「最近の新人は使えないよねー」みたいな話をする人が多いです。僕はそういう言い回しは嫌いですが、まーよく耳にします。

同級生だけではなく、職場の後輩や子供なんかにもこういうことを言ってしまうことがあるのではないでしょうか。

今よりも昔。自分の輝いていた時代のことを思い出して「あの時はよかったなー」というね。

でもこれって、今を諦めてしまっているみたいで悲しくないですか。

今の方がいいと思えたほうが絶対いい

「昔よりは今のほうがマシだ」でも良いですが、「昔もよかったけど、今のほうがいいなー」と思えたらすごく幸せですよね。

昔がどれだけ良かったとしても今のほうが良いと思えたほうが絶対良いです。だって今に生きているんだから。

昔は痩せてたからモテたなーとか、中学生のときは通知表がオール5だったとか、若手社員の時は社内で1番成績がよかったとかね。

そんな昔のことよりも今が大事じゃないか?と思ったのです。

今のほうが良い。そう思えるように今、頑張らないといけないんですよね。

あの武井壮さんとかも、「昔よりも今のほうが絶対足が速い」とか「今の方が昔の自分よりもどんどん強くなっている」というようなことを言っているのを聞いた事があります(厳密にはわかりませんが、こんなようなニュアンスのこと)。

それは昨日の自分よりも少しでも成長できるように日々努力しているからではないでしょうか。これってものすごく大変な事。

頑張らないと今より良くなるわけない

嫌でも年は取るし、時間は進むし、放っておいても周りは進化する。良かった頃の自分のままいられると思っていても自然と置いていかれるものなのではないかと思います。

現状維持をしようとしていては相対的に周りに置いていかれます。

だから、今やっている事をただ続けているだけでは「昔は良かったなー」となるのは当然なんだと思います。

新入社員の時にできたことしか今も出来なかったらそりゃ褒められませよね。できて褒められていた事もいつかはできて当たり前の事になってしまうのです。年を重ねるごとにできることは増やさないといけないのです。

僕は「昔に戻りたいなー」とか「昔はすごかったんだぞ!」というおじさんになりたくないので、今から頑張ります。

とはいっても、昔は良いよね

とはいっても、昔の仲間と昔話をするのは楽しいし、全く意味のないものではないと思います。

やっぱりそういう話は楽しいです。

笑って昔話をできるように、昔よりも今が良くなるように行動を止めずに前に進んでいきたいと思います。

まとめ

昔を思い出してばっかの人は今を頑張れていないかもしれないぞ。現実を見ろよ。

という話でした。

正月に親父の昔話を聞いていて思ってので記事にしました。親父にも今を頑張ってもらいたいところです。

やっぱり頑張っている人は今の話とかこれからの話を楽しそうにするんですよね。僕はそういう人になりたいので、頑張らないといけないなーと思いました。

だからとりあえず

今年中に10キロ痩せるぞ!

過去の栄光を今で更新してやるぜ!

おーわり!

Pocket

コメント

コメントを残す